鯛ラバ専門情報サイト

明石鯛カブラレポート

明石鯛ラバトーナメント2011 in 明石の前日となる土曜日に、ジャッカルプロスタッフのナカジーとMATAGI & WAKIのテスター高見さん達とプラを兼ねて一足先に明石へ乗り込みました。
朝6時に集合。
2011070501.jpg
まずはシャローエリアをチェック。
ニューカラー(テスト中)のネクタイが大当たり!
2011070502.jpg
ストレートよりもカーリータイプ、それもスローリトリーブがキモでした。
やはり二枚潮っぽい感じではキャスティングよりもバーチカルに分がありますね。
イワシが入ってきていますが、まだ完全にイワシに付くパターンではなく、どちらかと言えば虫餌(バチ)パターン。
この時期はカーリータイプのスローが好成績ですね。
そしてロッドはVCM(スーパーバキューム)を使う方が圧倒的にノリが良かったです。
この差は驚くほど顕著でした。
ナカジーもプロトネクタイに変えると一発で!
2011070503.jpg
岡さんはノーマルのオレンジで。
2011070504.jpg
高見さんも良型をゲット。
2011070506.jpg
さずがです。
私はぬぁんとアタリのみで終了(泣)
鯛の潮が終わり、サバ狙い。
シルエットの小さいジャッカルO2メタルが大当たり!
底付近をスローで誘うのがキモでした。
午後になり、私は大会準備のために利弥丸さんに乗船し会場視察に。
垂水漁港に戻り、お客さんを乗せて午後少しだけ真鯛狙い。
サバの猛攻に合いながらも、なんとかここで1枚ゲット。
2011070507.jpg
ナカジー達は丸1日鯛ラバをして20枚程釣っていました。
それにしてもビンビン玉チューニングネクタイの新色の威力は凄まじかったです。
この虫餌パターンに強いカラーであることが証明されたと思います。
リズムに乗り切れなかった私・・・
大会当日は果たして・・・
100枚まで残り64枚。

実釣レポートの最近記事

  1. 夏の午後はからのんびり明石で鯛ラバ|明石鯛ラバレポート

  2. 大雨後のタイラバ

  3. 久しぶりの釣行

  4. 日本海ディープタイラバには夢がある

  5. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP