鯛ラバ専門情報サイト

スライド式の鯛カブラについて

スライド式の鯛ラバについて、ユーザー様よりご意見をいただきました。
私のスライド式に対する見解をお話します。
スライド式鯛ラバについては、特に九州から噂を聞き非常に私も興味を持っています。
誘導式の鯛ラバが販売されてから数回九州へ足を運んでいますが、残念ながら今のところ「誘導式が非常に良い釣果」という状況に私はまだ遭遇していません。
同船者の方にも誘導式を使われている方が良くいますが必ずしも、その方の釣果が突出して良い訳では無い様に感じております。
ですから、私自身がそのような誘導式が突出してよく釣れる状況に遭遇しておらず、また「誘導式が良く釣れる」という明確な理論が分からないために誘導式鯛ラバについてのコメントを控えている状態です。
現段階で把握している誘導式の利点は「バレにくい」ということです。
それは、通常の鯛ラバではヘッドが固定されているために真鯛が頭を振った時にバレやすくなりますが、誘導式は固定されていないためにバレにくくなります。
また掛かりが良いというのも、ルアーフィッシングの世界で言うフリーの「キャロ」や「テキサス」の状態に近いということから、九州などの深い水深で斜め引きした時(垂直時ではヘッドと一体になっていてあまりその恩恵は無いと言う意見が多いです。)やフォールの状態で食い込みが良いというのも理解できます。
スライド式鯛ラバは、これらの利点が優れている点は理解でき、とても魅力的です。
一方で、現在市販されている多くの鯛ラバの構造である固定式より誘導式が釣果・アタリの数に勝ると言う程には、明確な理由が私には見つかっていません。
事実、誘導式の方が乗船されている中でも、その方が潮上にも関わらず逆に固定式で釣り勝つ事もありましたし、バレるのが多い状況においても使用する鯛ラバの重さを軽くすることやフックを変えることで船中一番の釣果を出しました。
詳しくはこちらの釣行レポートを御覧ください。
これらのことから、誘導式は誘導式の利点がありますが固定式でも同じように釣れたり、釣り勝ったりする状況がございますので誘導式が一番良いとは判断しかねる所存でございます。
現在、乗合船での利用にあたり、トラブルの回避等の利点を優先し、ビンビン玉を利用するのが最も快適であると個人的には感じております。
快適さに関して、固定式の利点を挙げるとするならば、着底が早く、感知し易く、かつ巻き上げ時のレスポンスが良いのです。
その時の状況によって固定式や誘導式を使い分けるというのが一番適切なのでは無いかと思います。
最後に、遊動式の有効性はまだまだ未知数の部分もあり、優れている点が理論的に証明される日が来るかもしれません。
 
私も鯛ラバの世界が進化し更に面白くなる事を願っておりますので、今後も興味深く見守っていきたいと思います。
 
今回は貴重なご意見とても参考になりました。
ありがとうございました。

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP