鯛ラバ専門情報サイト

日本一の山を眺めながら日本一深い湾で釣りをする

静岡県へ行ってきました。

西日本ばかりで釣りをすることが多いので、東へ向かうのはとっても新鮮。ましてや、今回は初めて訪れる場所。

今回は釣りを見に行くのが目的。

清水港から出船しているZEST号に乗船させていただきました。

ZEST号

まず、一番最初に驚いたのは水深。日本一深い湾だけあって、海岸から一気に深くなっている。湾の最奥の海岸からは、わずか2km地点で水深500mに達するようです。ですから、「先に中深海でアカムツ狙って、20mのシャローでタイラバやりましょう」というプランがいとも簡単に成立するそうです。

三保の松原付近からは富士山が見えました。富士山を眺めながら釣りをするって、海でいろいろな景色を眺めてきましたけど、これまた素晴らしい景気でした。

ここ駿河湾でも、タイラバブーム。初心者の方が多いとか。豊かな海ですから、タイラバでいろいろな魚が釣れます。

景気を見ているだけでも十分と思ったのですが、釣りをしているシーンを見ると釣りがしたくなりますね(笑)次回は釣りをさせていただこうと思います。

そうそう、静岡でおいしかったもの。

うなぎの一本焼き。

お皿からはみ出たうなぎ、とてもおいしかったです。

 

 

実釣レポートの最近記事

  1. 日本一の山を眺めながら日本一深い湾で釣りをする

  2. 【ジャッカル田中亜衣】激戦区&ハイプレ下で魅せるタイラバゲームin瀬戸内エリア

  3. 島根鯛ラバレポート

  4. 島根鯛ラバレポート

  5. 島根鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP