鯛ラバ専門情報サイト

土日の休みをフル活用して香川へ鯛ラバトリップはいかがですか?

普段とは違うところで釣りをする。所変わればなんとかと言いますけれど、釣り旅行は本当に最高です。

何がよいのかって?挙げればキリがありませんが、とにかく楽しい!

楽しいのですが・・・いろいろ調べてたり事前準備がなかなか大変です。この準備が面倒で諦めている人も多いのかなと思います。

そこで今回は、大阪から香川県高松への遠征を2泊3日楽しむプランの1つをご紹介しましょう。

2人で行った場合、全部込みで1人あたり約22,160円で満喫できる!!

大阪から香川県高松までの所用時間

大阪から香川県高松までは車で向かう場合、淡路島を抜けて四国入りするルートが最短距離です。

大阪から香川県までおよそ200km、所要時間は約3時間

高速道路を使った200km程度の車移動なら、さほど疲れない距離じゃないでしょうか。個人的にはこれくらいの距離が「遠征に行った感」を得られるちょうどよい距離かなと思ったりします。

交通費ですが、
土日祝日ETC利用(5,240円)、ガソリン代(2,500円)込で往復約15,500円
平日ETC利用(6,310円)、ガソリン代(2,500円)込で往復約18,000円

2人で行けば、交通費が往復一人当たり7,750円から9,000円

です。

香川県の鯛ラバ船

香川県には高松市近辺で出船している鯛ラバ船が充実しています。

香川県の鯛ラバ船はこちら

ほぼオールシーズン、鯛ラバができます。比較的浅い水深を狙うことが多く、根掛かりも少ないので初心者にも最適です。レンタルタックルを用意してくれる船が多いので、手ぶらで鯛ラバを楽しむことも可能です。(ご予約の際に確認してくださいね)

土日休みの場合、いつ出発するか?

金曜の夜仕事終わりに出発するか、土曜の早朝に出発するか。前入りすると少しでも多くの睡眠時間を確保できるので楽です。当日入りだと6時出船の場合、余裕を見てAM2時半の出発になります。なかなかキツイですよね。

オススメは「金曜の夜仕事終わりに出発」でしょうか。そして土曜日に釣りをして日曜日にゆっくり帰る。2白3日の釣り旅行ということでいかがですか?

大阪から香川県高松で釣りをする2泊3日の旅プラン参考例

下記の情報はあくまでも参考です。料金等の詳細は各所へご確認ください。

金曜日

19時に大阪を出発し21時に徳島県徳島市の天然温泉あらたえの湯に到着。(およそ150km、所用時間約2時間15分)お風呂に入り仮眠。(徳島天然温泉 あらたえの湯 田宮店では、金土および祝前日は深夜滞在(仮眠)が可能です。)

徳島天然温泉 あらたえの湯 田宮店
徳島県徳島市南田宮1丁目2番8号
http://aratae.jp/late-night.html

土曜日

4時に出発、5時30分に港着。(およそ70km、所用時間約1時間30分)

14時に帰港し、宿泊先の阿波池田へ移動。(およそ60km、所用時間約1時間30分)

15時30分、宿泊先の阿波池田に到着。古民家を利用した宿泊施設「へそキャンプ」に宿泊。素泊まり1泊1人あたり2,240円(税込)。

へそキャンプの施設紹介

このへそキャンプ、古民家を改築したゲストハウスです。魅力的な料金でありながら、キッチンや調理器具、食器が用意されていてBBQもOK。食材を持ち込むだけで素敵なディナータイムになります。新鮮な魚を調理してというのもいいですよね!

実際に利用させていただきましたが、快適そのものでした。

  

日曜日

チェックアウトは10時。ゆっくり休んだおかげでスッキリした気分で帰れますね。10時に出発し、大阪へ帰ります。(およそ215km、所用時間約3時間)

トータルの費用

高速道路通行料:11,660円
ガソリン代(燃費:リッター12km、1リットルあたり145円として):5,980円
金曜日の宿泊施設利用料:2,100円(1人あたり)
金曜日の宿泊施設利用料:2,240円(1人あたり)
遊漁船代金:9,000円(1人あたり)

2人で行った場合、全部込みで1人あたり約22,160円で満喫できる!!

遠征を楽しもう!の最近記事

  1. ディープタイラバをやってみたくなった時の参考に

  2. [家族で楽しめる船釣り!]手軽で快適な淡路島観光ホテルのチャーターボート

  3. [水中最速王VSライトタックル]ビンビン玉&エクストロでバショウカジキが!!

  4. ガイドサービスセブンにタイラバのエキスパートたちが集結「ドリームツアー2019」動画公開

  5. 松山沖 第3回 タイラバ大会に参加してきました

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP