鯛ラバ専門情報サイト

ラインについて

初心者講習会の質問の続きです。
使用するメインラインはPEラインの0.6号か0.8号が一般的です。これ以上細いと大物とのやりとりに時間がかかり、こまめにメンテナンスしていないとラインブレイクにつながりやすいです。逆にこれ以上太いとラインが潮に流されて底取りが悪くなります。これらをトータル的に考えて、0.6号〜0.8号ということになります。初心者の方には0.8号をおすすめします。魚とのやりとりに慣れてきて、きちんとラインのメンテナンスをできるようになれば0.6号にすることによって潮の抵抗が減り、より軽い鯛ラバでナーバスな真鯛を狙う釣り方もできます。
なお、フィールドによってはより細いもしくはより太いラインを使用する場合もあります。もちろん、それぞれに理由はありますが(潮がかなり複雑/青物が釣れる確率が高い)あくまでも特例と考え、汎用性の高い0.6号か0.8号を巻いておけば良いでしょう。
次にリーダーです。リーダーはメインラインの先に結束し、鯛ラバはリーダーに結束します。リーダーを結束する理由は「PEラインが擦れに弱い」からです。ファイト中はラインに魚体が擦れたりします。根がかりした際も、岩などに擦れると簡単にラインブレイクします。そのような状況でもリーダーを結束していればラインブレイクを低減することができます。リーダーの素材はこういった「擦れに強いフロロカーボン」のものをおすすめします。結束するリーダーはメインラインよりもワンランク強度が低いものを使用します。例えばメインラインが0.8号(14lb)ならリーダーは3号(12lb)です。ワンランク強度が低いものを使用すれば根がかりなどのラインブレイクの際、リーダーから切れる計算になりますので、メインラインが切れずに済みます。
リーダーとメインはPRノット、FGノットなどで結束します。ボビンを使用したPRノットが簡単で強度もありおすすめです。
リーダーは1ヒロ〜2ヒロもあれば十分です。リーダ−と鯛ラバの結束方法ですが、ビンビン玉を使う場合はスプリットリングに直結するかスナップを介して結束します。
私は、ビンビン玉の大きな特長である「クイックスプリングによる素早いカラーチェンジ」を最大限に生かしたいので、標準で搭載されているスプリットをすべて外して、スナップを介して結束しています。ビンビン玉はスプリットリングに結束するか、スナップを介して結束しないとファイト中にクイックスプリングがずれてラインブレイクの原因となります。
もちろん、スプリットリングやスナップを介せばずれてもストッパーの役目をしてくれますのでラインブレイクの心配は全くありません。

実釣レポートの最近記事

  1. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  2. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

  3. [ディープ鯛ラバを体験してもらいました]ディープ鯛ラバ初挑戦で記録更新続出!

  4. [また出たハチマル]島根県温泉津鯛ラバレポート2日目

  5. [初釣りでハチマル]島根県温泉津鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP