鯛ラバ専門情報サイト

キャスティング鯛カブラ 〜上級者向けテクニック解説その1〜

夏のシャローに代表される「キャスティング鯛ラバ」。
メリットはなんといっても広範囲にプレッシャーが少ない魚を狙えること。
時にバーチカル釣法よりも圧倒的に釣果を叩き出す破壊力を持っています。
さて、この釣法ですが世間では「潮上にキャスト」がセオリーと言われています。
これは間違いではないのですが、私個人では「その時の状況を把握してキャストする方向を決める」というのが正解だと思っています。
このことについては、私が知る限りでは解説しているものはありません。
先日放送された釣りビジョン「#19 兵庫県明石沖 初夏のBinBinキャスティングマダイ」では、状況をしっかりと把握してキャストする方向を見定めてヒットに持ち込んでいたシーンを覚えていらっしゃいますでしょうか。
番組で解説するととても長くなるので割愛しておりましたが、今回、鯛ラバで数回に分けてその全貌を明らかにしたいと思います。
<キャストする方向は様々な条件によって変わる>
キャストする方向は「風向」「潮が流れる方向」によって決まります。
これらの因果関係を説明する前に、まず下図をご覧ください。
2013082201.jpg
同じタックルを使用して同じ方向にキャストしても、「風向」と「潮が流れる方向」によって大きく分けてA、B、Cの3つのパターンがあります。
この中でベストな状態が「B」であり、2番目が「C」で一番悪いのが「A」となります。
なぜ「B」がベストであり、次いで「C」「A」なのか。
それぞれ3パターンの状況を解説します。
<風向と潮が流れる方向による影響>
まずはベストな状態である「B」の状況を解説します。
下図をご覧ください。
2013082204.jpg
非常に釣りがしやすいといえる状況です。
船と潮の流れが同調しています。
2013082202.jpg
2013082203.jpg
2013082205.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. [水中最速王VSライトタックル]ビンビン玉&エクストロでバショウカジキが!!

  2. 松山沖 第3回 タイラバ大会に参加してきました

  3. 初めて乗船する船に乗る日は、時間に余裕を持って出発しよう!

  4. 日本一の山を眺めながら日本一深い湾で釣りをする

  5. 【ジャッカル田中亜衣】激戦区&ハイプレ下で魅せるタイラバゲームin瀬戸内エリア

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP