鯛ラバ専門情報サイト

福岡県玄界灘鯛カブラ&ひとつスッテレポート

お盆休みを利用して船上サラリーマンと玄界灘へ行ってきました。
今回は飛燕さくら丸の久保田船長が私達のためにスペシャルな釣りを用意してくれました。
・1日日:15時出船〜翌日3時帰港
・2日目:11時出船〜翌日3時帰港
2日間とも日が沈むまでは鯛ラバ、日が沈んでからはひとつスッテ。
1日目。
早朝、博多に到着。
船上サラリーマンと朝食を済ませて温泉に。
仮眠して港へ。
繁華街からすぐのところに港があるのですごく便利です。
天神、中州からだと車で10分〜15分程度でしょうか。
船に乗り込みしばし仮眠。
2013082001.jpg
到着したポイントは20〜30mのシャロー。
ビンビン玉ハイアピールバージョンのフラッシュチャート-9SSで狙う。
1流し目すぐにボトム付近で食ってきたのはアコウ(キジハタ)。
2013082002.jpg
船上サラリーマンはフラッシュオレンジ-8SSで。
2013082003.jpg
連発!
2013082004.jpg
50cm以上も飛び出し型揃い。
Wヒットも珍しくなくボコボコ釣れる。
あっという間にクーラーボックスを埋め尽くしていくロックフィッシュ達。
2013082005.jpg
これには明確なパターンがありました。
着底後、3〜5回転速巻きしフォール。
ボトム付近をリアクション気味に誘うパターンが鉄板でした。
しかしこれでは真鯛が食ってこない。
そこで超スローリトリーブで誘ってみると真鯛がヒット。
2013082006.jpg
このパターンで数枚の真鯛を手にしました。
2時間程度の鯛ラバでしたが、アコウ約20本、真鯛6枚、その他とボコボコでした。
日が沈み、ひとつスッテでイカ狙い開始。
私は鯛ラバタックルそのままでやりました。
2013082013.jpg
これまたボコボコでトロ箱がどんどん積み上がる。
数はきちんと数えていませんが、二人で軽く100杯超。
大満足で1日目が終了しました。
2日目。
11時に港を出船。
この日はなんと2人チャーター。
なんとも贅沢です。
昨日とは違うポイントで鯛ラバ開始。
今日はディープエリア。
真鯛、レンコ鯛、ロックフィッシュがポロポロと顔を見せてくれました。
そんな中、船上サラリーマンが怪しい動き。
正体はコイツでした。
2013082007.jpg
初のクロマグロ。
潮が変わったタイミングでシャローへ移動。
シャローはやはりロックフィッシュ祭。
ここは昨日と違ってアコウよりアカハタが多い。
2013082008.jpg
パターンは昨日と全く同じ「ボトムリアクション」。
2013082012.jpg
あっと言う間にこれだけ釣れました。
2013082009.jpg
日が傾き、イカのポイントへ。
2013082010.jpg
心地よい風、綺麗な夕陽。
最高の癒しタイムを満喫し、ひとつスッテ開始。
2013082011.jpg
この日もボコボコ。
2013082014.jpg
二人で軽く100杯超。
2013082015.jpg
大!大!!大!!!満足!!!!
久しぶりに良い釣りをしました。
早朝にホテルに戻ってゆっくり休んだ後、夕方から久保田船長と打ち上げ。
いつもの「なかむら」へ。
2013082016.jpg
ここの店はとてもリーズナブルな値段で最高においしいものが食べられます。
2013082017.jpg
焼酎がズラ〜り。
2013082018.jpg
本日の久保田船長セレクトは「古秘」。
2013082019.jpg
武蔵丸の宮本船長からお裾分けしていただいた玄界カツオ。
2013082020jpg
船上サラリーマンが釣ったクロマグロの白子。
2013082021jpg
アコウの煮付け。
2013082022jpg
アカハタのあんかけ。
2013082023jpg
そして私のおススメはアサリバター。
2013082024jpg
身も心もお腹も何もかもが満足な遠征となりました。
さて、この九州遠征への問い合わせが多いので費用やスケジュールをご紹介します。参考にしてみてください。
■利用している遊漁船
飛燕さくら丸
■宿泊施設
天神、中州に多数あり。安いホテルで1泊5,000円程度から。港近くにもホテルがありますが、繁華街で宿泊した方が食事や遊ぶのに最適です。
■おすすめの料理店
なかむら(事前予約しておいた方が良いでしょう)
食べログでは平均予算が高めですが、これは間違いかと思われます。私が行っている限り1人5,000円もあれば、たらふく飲み食いできます。その他、長浜ラーメン(1杯500円程度)、もつ鍋(1人3,000円程度)があります。
■大阪からの費用の目安
<交通費>
・新幹線往復:約26,000円
・博多駅から天神付近までタクシー利用往復:約3,000円
・天神付近から出港地までタクシー資料往復:約2,000円
・車往復:約35,000円(ガソリン・高速代込)
<宿泊費>
1泊:約5,000円
<荷物送料>
往復約5,000円
<乗船料>
乗り合い1日:13,000円〜16,000円(ポイントによって変動)
<二泊三日で2日間乗船例の費用の目安>
・新幹線利用の場合:1人約70,000円程度
・車利用の場合:1人約70,000円程度/2人(交通費折半)52,500円程度/3人(交通費折半)46,500円程度
1人釣行なら新幹線利用の方が若干リーズナブルです。2人以上なら車利用がリーズナブル。
■スケジュール例
私が普段よく行くスケジュールは金曜日の夜に出発して土日の2日間釣りをし日曜日の夜に帰るパターンです。
<新幹線の場合>
・金曜日20:00新大阪発→22:30博多着/23:00天神ホテル着
・土曜日4:00ホテル出発→港4:15着で5:00出港→16:00帰港→ホテル戻り17:30
・日曜日4:00ホテル出発→港4:15着で5:00出港出港→16:00帰港→博多駅19:00→新大阪21:30着
<車の場合>
・金曜日20:00大阪発→土曜日4:00港着(宿泊なし)
・5:00出港→16:00帰港→ホテル戻り17:30
・日曜日4:00ホテル出発→港4:15着で5:00出港出港→16:00帰港
・大阪着日曜日の24時頃
1人なら費用と体への負担を考えると新幹線利用が最適です。飛行機はおすすめしません。理由はキャンセル料金が発生することと、予約の変更が面倒だったりできない場合があること。玄界灘は風の影響を受けやすく、出船判断が前日の午後ギリギリにならないとできない場合があります。また、帰りも状況により遅くなる場合もありますので新幹線を利用された方がベストです。
2人以上なら車が費用の負担も少ないので良いかと思います。

実釣レポートの最近記事

  1. 鯛ラバで釣った魚のおすすめレシピ

  2. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

  3. 鯛ラバカップ in 瀬戸内・第4回淡路島大会に参加しました

  4. [家族で楽しめる船釣り!]手軽で快適な淡路島観光ホテルのチャーターボート

  5. やっぱスルメデスの釣りはおもしろい!

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP