鯛ラバ専門情報サイト

鯛カブラトーナメント 2014 in 明石

7月20日に兵庫県の明石海峡で鯛ラバトーナメント 2014 in 明石が開催されました。
全国各地から集まった参加者は89名。
優勝ウエイトは2枚で7kg超といったハイウエイトでの戦いとなりました。
私は残念ながら表彰対象どころか入賞もせず。
完全にホゲりました。
非常に情けなく、悔しい大会となりました。
さて、上位3名の方の当日のパターンです。
<優勝者>
電動リールを使って釣りをされていたそうです。ヘッドは自作で、パーツ類はダイワの紅牙を使用。ワームとネクタイを1本ずつ装着したものを使用されていたそうです。
<2位>
大鯛がヒットしたのは松本レッド改的なカラーでした。ダイナマイト明石スカートに艶色レッドと艶色ピンクのストレートネクタイ二本掛けのロングリヤフックでした。底から6~7m巻いた時にスピードが緩んだ瞬間のバイトでした。フロントフックが上唇に掛かってて、リヤフックはアゴのしたのカマの付け根?辺りにガッチリ掛かっててました。
<3位>
まず、朝のパターンはタングステンよりも、鉛タイプのシルエット大きく早めの巻きが良かったと思いました。カラーはオレンジ系が反応良かったです。日が出るにしたがい、朝のパターンとは違ってタングステンでシルエット小さめ、ゆっくり巻きでカラーは赤が強いと思いました。ネクタイ形状はカーリーでも釣りましたし、ストレートでも釣りました。ただ、デカイ魚はカーリーで釣りました。当日は海藻が底から少し上に漂っていて、絡まない様に巻きの回数をおさえました。二枚潮がキツイ状況では強めにサミングを入れ、着底後すぐ動き始めるように心掛けました。
参加された皆様、そしてこのような盛大な大会を企画、開催していただいた船長様、そして鯛ラバを盛り上げるべく協賛いただいたメーカー様あっての大会でした。
また来年、大会の開催を1参加者として楽しみにしています。
大会の様子をピックアップしました。
まだ参加されたことのない方も雰囲気などを感じていただけると思います。

2014072801.jpg
2014072803.jpg
2014072804.jpg
2014072805.jpg
2014072806.jpg
2014072807.jpg
2014072808.jpg
2014072809.jpg

イベントの最近記事

  1. 鯛ラバカップ in 瀬戸内・第4回淡路島大会に参加しました

  2. 鯛ラバカップ in 瀬戸内・第4回淡路島大会【2019年9月8日(日)】

  3. 松山沖 第3回 タイラバ大会に参加してきました

  4. タイラバ大会 in 明石

  5. 鯛ラバカップ in 瀬戸内・第9回香川大会に参加してきました!

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP