鯛ラバ専門情報サイト

明石鯛カブラレポート

明石海峡に行ってきました。
先日開催された鯛ラバトーナメント 2014 in 明石ではルール上、シャローをすることができなかったのですが、今の季節、最も熱いのはシャローのキャスティング。
大潮で午後から満ち潮が動く潮回りであれば期待大!
ハマった時の瞬発力というものは半端ないものがあります。
気をつけなければいけないのは風。
この季節、午後に南風が強く吹くことが多く、満ち潮の場合は潮と風がぶつかって波が大きくなることがあります。
予報もあまりアテにならないことが多いので十分に気をつけ、釣れていても早めに撤退することが事故を防ぎます。
さて、前置きが長くなりましたが、この日は午後からジャッカル社員の方々と午後からちょっとした撮影を兼ねて出ることにしました。
撮影の内容はビンビンスティックの追加モデルの実釣テスト。
テストも大詰めを迎えている様で、私も仕様をチェックさせてもらいました。
とても良い感触で、ビンビンスティックVCMと併用できる良い仕様で楽しみです。
いつの発売になるのか気になります。
2014072901.jpg
さくっとビンビンスティックの追加モデルで釣った後、波が高くなり撮影を断念し釣りを楽しむことにしました。
ここで船上サラリーマンが「これ使ってみます?」と差し出したのがテンヤロッドの「鯛夢 TMS-245M-ST」。
鯛夢の詳細はこちら。
手にして早速キャスティングで試してみました。
長さが2.45m(約8フィート)のロングロッドなので、ミヨシからロングキャストするとかなり好感触。
軽い力で鯛ラバをロングキャストできるし、この日は風が強かったのでラインを海面に落としやすい。
そして感度が良くロングロッドならではのアワセが決まる。
2枚ほど釣りましたがこれはこれで使えますね。
鯛夢の感触とキャスティングを体験してもらおうと他のスタッフにタックルを渡して、キャスティング釣法をレクチャー。
すると、1投目でバイト!
2投目は・・・
2014072903.jpg
2014072904.jpg
2014072905.jpg
2014072906.jpg
2014072907.jpg
2014072908.jpg
ロクマル!
セレクトしたルアーとキャストする方向があえばこんなものです。
2014072902.jpg
キビレも多くなってきました。
夏の海ですね。
私もビンビンスティックのキャスティングモデルに持ち替え、テンポよく釣らせていただきました。
ビンビンスティックのキャスティングモデルは取り回しが抜群ですね。
最適な長さなので隣の人や釣り座に関係なくどこからでもキャストできる取り回し。
鯛ラバをロッドに乗せてキャストできるテーパーなのでキャストもトラブルが少なくイージー。
そして食い込みの良いティップに、掛けた後、真鯛が頭を振ってもロッドで吸収してくれるので安定したファイトが可能です。
日が傾くと風が強くなり撤退。
もちろん、アタリもガンガンあったので釣れる雰囲気満載なので残念だったのですが、安全第一です。
4人で約3時間の釣果。
2014072909.jpg
リリースを含め20枚超。
ヒットルアーはビンビン玉「固定式」45gにオレンジゴールドフレーク、レッドゴールドフレークでした。
世間は「遊動」の流れなのになぜ「固定式」なのか。
この理由はまた後日。
先にも書きましたが、この時期のシャローはとにかくキャストする方が釣れます。
難しいことは考えずにとにかくキャストしてみてください。
以下、この日同船したキャスティング鯛ラバは初体験のスタッフのコメントです。
——
念願の鯛ラバの松本さんと同船釣行!
で、松本さんの教えに従うと釣れる釣れる!!
圧巻なのはビンビン玉45gでキャスティングを勧められて試すと1投目でバイト!
で2投目にフッキングが決まり、上がってきたのが64cm!ラインを結び直して3投目で40cmと、その後もバイト連発で小型が多いながらも一人で8枚。
オマケにキビレやキスも♪
——
どうですか?
楽しいですよ!
くどいようですがこの時期のシャローはぜひ「キャスト」してみてください。

実釣レポートの最近記事

  1. 噂の秘境に来てもらいました

  2. [竹野でタイラバ記録的釣果!!]ハチマル5枚にナナマル40枚!怒涛の大鯛ラッシュを味わって…

  3. 島根タイラバレポート

  4. 鯛ラバで釣った魚のおすすめレシピ(南蛮漬け)

  5. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP