鯛ラバ専門情報サイト

2019年度版【鯛ラバ初心者必見!】鯛ラバのロッドはどれがおすすめ?

鯛ラバのロッドは、アクション(硬さ)や長さの違いがいろいろあり、初めて買うロッドはどれにすればよいのか迷いますよね。

そこで「鯛ラバ初心者必見!」と題し、鯛ラバのロッドはどういう風にして選べば良いのかを詳しく解説したいと思います。

まずはベイトタイプ

鯛ラバのロッドには「ベイトロッド」と「スピニングロッド」の2種類があります。基本的にどこでもオールマイティーに使えるのがベイトロッド。ですから、まず最初の1本は迷わずベイトロッドにしましょう。

船でレンタルして使ってから決める

ロッド(タックル)をレンタルしてくれる釣り船が増えています。船によっては、初心者向けのものからハイエンド向けのものまで、いくつかの中から選ぶこともできます。

    • 手の大きさによって持ちやすいものと持ちにくいものがある
    • 重いものと軽いものがある
    • ロッドの硬さによって着底が分かりやすいものと、分かりにくいものがある

実際に使ってみると、それぞれのロッドの特長がよく分かり、自分の中でこれがいいというものが出てくるものです。ロッドだけを持って見ていても、リールをつけるとバランスが変わったり、フィールドで使ってみると想像していたものと違ったりすることもあるでしょう。

ですから、レンタルロッドや友人に触らせてもらうなど、まず実際に使ってみる機会を作ることをおすすめします。

予算と相談して決める

実際、低価格なものから高価格なものまでありますから、最終的には予算と相談することになるかと思います。重要なのは、「安い=釣れない」ことにはならないこと。安くても釣れるし高くても釣れます。

価格の差は、ロッドの軽さや性能、見た目の装飾、所有感などに現れます。高価なものほどよいというのは分かるけど、予算が足りないことは多々あるもの。では、どうしたらよいのか?

低価格なものから始める

よいと思います。自分のロッド(タックル)を持つということが、鯛ラバに挑戦する気持ちを盛り上げる第一歩だと思います。釣りに行く前の用意や、終わった後の手入れ。釣りというものは、釣りに行く前のワクワクする時間や、道具を眺めているだけでも楽しいもの。自分のロッド(タックル)を持つことでそんな時間をも楽しめるものです。

BIN-BIN STICK RBシリーズ

低価格帯のロッドとしておすすめなのが「BIN-BIN STICK RBシリーズ」。抜群のコストパフォーマンスで、エントリーロッドとして最適です。

BIN-BIN STICK RBの詳細はこちら

BIN-BIN STICK RB2PC MODELの詳細はこちら

1ピースと2ピース、どちらを買えばいい?

1ピースというのはロッドの先からエンド部分までが1本ということ。2ピースは2本に分かれること。何が違うのかと保管や持ち運びのしやすさ。2ピースは2本に分かれるので、自宅での保管や車のトランク容量、電車や飛行機での持ち運びがしやすくなります。

ハイエンドなモデルを買う

最初は安いものを買ったけど、鯛ラバをしているうちに良いものが欲しくなったということをよく聞きます。「鯛ラバをやってみて夢中になってしまった」「良い道具に触れる機会があって、こちらの方が使いやすかった」「ステップアップしたくなった」と理由は様々ですが、やはり高価なものは良いですし、安いものを買って高価なものを買うと結局費用がかさむもの。

「鯛ラバと向き合っていきたい!」と思う人ほど、最初からハイエンドなモデルを購入しておくことをおすすめします。

BIN-BIN STICK HSシリーズ

着底、底質、更には真鯛がラバーにじゃれついてくるような繊細なアタリまで、全てを視覚化して伝える『High Sensitivity』(高感度)モデル。

BIN-BIN STICK HSの詳細はこちら

 

BIN-BIN STICK VCMシリーズ

真鯛のアタックに滑らかに追従し、唇に深く針を掛ける。 しなやかに魚をいなし体力を奪い、そしてバレ難い。 鯛ラバロッドのひとつの理想形として君臨する「VCMシリーズ」。

BIN-BIN STICK VCMの詳細はこちら

 

BIN-BIN STICK EXTROシリーズ

魚釣りの愉しさの一つの要素でもある「一匹の価値」。これを高め、いつもの釣りで特別な体験をユーザーへ届けるための魔法のロッド、それがEXTRO(エクストロ)のコンセプト。

BIN-BIN STICK EXTROの詳細はこちら

 

初めての1本はどんなロッドが良いのか

ある程度オールマイティーに使えるロッドがおすすめです。長さは6フィート前後(1m80cm前後)のものが使いやすいでしょう。アクションは硬すぎず柔らかすぎない平均的なものがおすすめです。あとは、よく通うフィールドの特長を考慮するとより良いかと思います。船長さんや通うフィールド近くにある釣具店で意見を聞いてみると良いでしょう。

複数のロッドを持つ意味

同じメーカーでも、たくさんの種類のラインナップがあるのは理由があります。

    • フィールドの特性(釣法)にマッチさせている
    • 魚の状態にあわせたもの
    • 釣る楽しみを追求したもの

将来、いろいろな地域に出かけたり、さらなるステップアップを目指す時、また1匹の魚との出会いを極限まで楽しみたい時に、手持ちのロッドを増やしてみてはいかがでしょうか。

初心者向けの情報の最近記事

  1. 2019年度版【鯛ラバ初心者必見!】鯛ラバタックルセレクト(ロッド・リール・ライン・鯛ラバ…

  2. 2019年度版【鯛ラバ初心者必見!】鯛ラバのリールはどれがおすすめ?

  3. 釣り船に乗る船釣り初心者必見!初心者が釣り船で船釣りするための準備やマナーを教えます!

  4. 2019最新鯛ラバテクニック!鯛ラバで竿頭になるためのメソッド特集

  5. 2019年度版【鯛ラバ初心者必見!】鯛ラバのロッドはどれがおすすめ?

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP