鯛ラバ専門情報サイト

釣りでおすすめのライフジャケット

ライフジャケットは、万が一の落水から命を守り安全に釣りを楽しむために必要なアイテムです。

釣り船(遊漁船・プレジャーボートなど)に乗る時は、ライフジャケットの着用が義務になっています。平成30年2月からは、国土交通省の法改正で、船釣りで使用するライフジャケットは「承認モデル」である事が必須となります。

また、釣り船に限らず、釣りをする=水辺にいるわけですから、「釣りをするときはいつでもライフジャケットを着用する」ことをおすすめいたします。「大人だから」「子供をしっかり見ているから大丈夫」「浅いから」などという過信は禁物です。

実は私、幼い頃に落水経験があります。小学生の低学年頃だったでしょうか、祖父に連れられてザリガニ釣りに行っていました。釣れたザリガニを網で掬おうとして身を乗り出し、どのままドボン。

今でもはっきりと覚えているのは、

天地が分からず大パニックになってもがいた

ということ。

なので、どこに向かって泳げば浮上できるのかが分からない恐怖で、必死にもがき、助けがなければそのまま命を落としていたかもしれません。

たまたま浅い池だったことや、小さい体だったからよかったものの、深いところで大人だったらもがいている人を救助するのは困難だと思います。

ライフジャケットをつけていると、落水時に水面に浮上し、救助されるまで水面に浮いていることができます。

では、釣りでおすすめのライフジャケットについて、いくつかポイントごとにチェックしてみましょう。

おすすめは自動膨張式

コンパクト、軽い、動きやすいといったメリットがあります。落水して水を感知すると、センサー部分が反応しガスボンベからガスが出て浮力体を膨張させます。非常にコンパクトなのが最大の魅力。水に濡れると反応するので、雨や波での膨張、保管時の湿気にも注意が必要です。

承認モデル

国土交通省型式承認を通過した製品には「桜マーク」、日本小型船舶検査機構の検査を通過した製品にはJCIの印が押されています。購入前に、ホームページやカタログで詳細をチェックしておきましょう。浮力の強さや膨張の精度など、検査を通過した構造を備えています。釣り船に乗るためには「承認モデルのライフジャケットを着用すること」が法律で義務付けられています。

承認モデルの詳細について

肩掛けタイプとウエストタイプどちらがおすすめ?

ライフジャケットには、肩掛けタイプとウエストタイプの2種類があります。肩掛けタイプを例えるなら、簡易な上着を1枚着るように装着する感じです。

出典:ジャッカル

肩掛けタイプのライフジャケット

一方、ウエストタイプは腰に巻きつけて装着する感じです。

出典:ジャッカル

ウエストタイプのライフジャケット

どちらがよいか?というものではなく、装着した時の「自分の好み」で選ぶ方がよいかなと思います。

ずばり、

どちらが自分にとって動きやすいか

が判断基準かと思います。

また、落水した時の浮き方も違います。ここも判断基準のひとつ。泳ぎが得意か不得意かで選び方が変わると思います。こちらについては、詳しく説明しているサイトがありますので、そちらをご紹介します。

肩掛けタイプとウエストタイプの違い

いかがでしょうか。

これらの解説を含め、着用する機会があれば、実際に着用してみてどちらが好みかを選んでいただけたらと思います。

初心者向けの情報の最近記事

  1. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

  2. [家族で楽しめる船釣り!]手軽で快適な淡路島観光ホテルのチャーターボート

  3. 【鯛ラバ初心者から一歩先へ】鯛ラバの底取りが上手になるコツを教えます!

  4. 【鯛ラバ初心者必見!】鯛ラバで使う道具の専門用語を解説

  5. 釣りでおすすめのライフジャケット

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP