鯛ラバ専門情報サイト

兵庫県明石鯛カブラレポート

明石に行ってきました。
2014082601.jpg
明石のお盆明けといえば、シャローの大鯛祭り。
ここ何年か毎年良い思いをしている時期でもあります。
先日発表になったビンビンスティックHSを手に沖へ。
ビンビンスティックHSの解説はこちら
ビンビンスティックHSの実釣動画はこちら
2014082602.jpg
ビンビンスティックHSは着底やアタリを「視覚化」する絶妙な張りを持たせたソリッドティップを採用しています。
繊細な底取りが要求される明石ではとても重宝するロッドです。
水深20m程度のシャローからスタート。
と、ここで周辺がざわつき始める。
水面からイワシを突き上げているのはサワラ。
急遽キャスティングタックルに持ち替えてプラグを装着しキャストするとお祭り状態に。
あっという間に3人で20本。
2014082606.jpg
キャスティングタックルといえど持って行っていたのはビンビンスティックですけどね(笑
サワラのサイズはアベレージが70〜80cmだったのですが、ビンビンスティックのパワーと魚をいなすマイルド感を改めて感じることができました。
潮が動き出すとサワラが消えたので真鯛狙いに。
しかし潮の動きが悪い。
風が強く二枚潮になる。
クイックスプリング45gのキャスティングで刻んでいくと、ややバーチカルになる角度でアタリが頻発することに気づく。
相変わらずピンポンダッシュが多い中、2枚のチャリコをキャッチ。
2014082603.jpg
2014082604.jpg
そして日没間近の流しでゴーマルを2枚。
2014082605.jpg
思っていたほど枚数は伸びませんでした。
ヒットカラーはシマシマオレンジ+オレンジゴールドフレークかダイナマイト明石+レッドゴールドフレーク。
これをクイックスプリング45gに装着しキャストで誘うわけですが、足元によってきてそろそろピックアップしようかなという角度でアタリが頻発したので、ちょい投げで探ると良い結果がでました。
最近、私の中ではこのパターンが多いですね。
なぜかバーチカルに近い動きの方が反応が良いです。
ビンビンスティック+クイックスプリング45gのキャスティングカブラ。
まだまだ楽しめますので、ぜひ皆様もシャローのキャスティングにチャレンジしてみてください!

実釣レポートの最近記事

  1. 噂の秘境に来てもらいました

  2. [竹野でタイラバ記録的釣果!!]ハチマル5枚にナナマル40枚!怒涛の大鯛ラッシュを味わって…

  3. 島根タイラバレポート

  4. 鯛ラバで釣った魚のおすすめレシピ(南蛮漬け)

  5. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP