鯛ラバ専門情報サイト

鯛カブラ大会 in 玄界灘2014〜ガイドサービスセブン遠征

先週末は福岡遠征でした。
まずは4船(飛燕さくら丸、武蔵丸、大充丸、IZANAGI)計28名で開催された「鯛ラバ大会 in 玄界灘2014」。
昨年同様、やはり優勝者はハチマルでした。
2014111801.jpg
今年は表彰の対象が10位までだったのですが、それでもこのハイスコア!
玄界灘のポテンシャルは凄いですね。
入賞された方はほとんど「オレンジ」を使用されていました。
他、グリーン系統がちらほらといったところ。
この日は二枚潮がきつく、ボトム付近でのヒットが多かったそうです。
2014111802.jpg
私の結果は散々でした。
出直しが必要ですね・・・
さて、大会が終わり休む間もなく小倉へ。
翌日はガイドサービスセブンへ乗船。
2014111803.jpg
昨日のピリピリムードとは一転、女性ばかりの華やかな釣りとなりました。
2014111804.jpg
なんでも、ポイントレディースフィッシングクラブのメンバーでの釣行だそうで、今や女性アングラーと言えど、みなさんマイタックルをお持ちであることにとても驚きました。
もちろん、ルアーチェンジやノットまでご自身でされます。
鯛ラバって、みなさんは底から巻き上げる回数をカウントしているので、無言の釣りになるのですが、女性陣はとても賑やか。
また○○ちゃんが釣った!!
私に釣れない!!!
アタリがあったのに外れた〜!!!
闘志溢れる船上でした笑
2014111805.jpg
2014111806.jpg
2014111807.jpg
2014111808.jpg
2014111809.jpg
20141118010.jpg
2014111811.jpg
なんだかんだで、みなさん一日を通してほぼ休まずに釣りをされ、お土産を確保できました。
そして、私が知る限りガイドサービスセブンにしかないサービス「魚の下処理」。
どこにでもあるのが「血抜きと神経締め」をしてくれるサービスですが、ガイドサービスセブンの宮崎船長は鱗取りからエラ内蔵処理、そして希望があれば3枚にもしてくれます。
鮮魚士の資格をお持ちなので包丁捌きはとても鮮やか。
いただいた命ですから、ありがたく頂戴したいものです。
2014111812.jpg
2014111813.jpg
宮崎船長はなんでも?自作。
これ、なんだか分かりますか?
2014111814.jpg
リリーサーといって、魚をある程度の水深まで沈めるツールなんです。
これを使うと、リリースした魚の生存率が上がるそうです。
宮崎船長は常々「1匹の価値を上げたい」とおっしゃっています。
今回、宮崎船長と話していて心を打たれました。
話すと長くなりますし、みなさんそれぞれいろんな考えがあるでしょうから割愛しますが、私自身できることもあると思うので、これからやっていこうと思います。

実釣レポートの最近記事

  1. [今が最高の旬]冬の真鯛は一年で一番おいしい

  2. 噂の秘境に来てもらいました

  3. [竹野でタイラバ記録的釣果!!]ハチマル5枚にナナマル40枚!怒涛の大鯛ラッシュを味わって…

  4. 島根タイラバレポート

  5. 鯛ラバで釣った魚のおすすめレシピ(南蛮漬け)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP