鯛ラバ専門情報サイト

福岡玄界灘〜壱岐水道鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
二日目は昨日の釣果を肴に飲みすぎて睡眠不足で港を出港し昨日のポイントへロングドライブ!今日も我々の他に2名の計6名での釣り。
エンジンの回転数が落とされ目を覚ますとポイントに到着していたw 7時45分昨日と同じように釣り開始!流し始めて船のアチコチでパラパラとバイトがあるものの誰もフックアップには至らず、私も昨日の余韻が残っていたせいもあり、かなり余裕をかましていたのですが時間が経つと共に余裕も何処へやら・・・
「何かちゃうなぁ!」と思い船長に聞くと潮が動いていないとの事。昨日は1〜1,2ノットでバイトが集中していたのですが今朝は0,5未満(涙)しかも全く動く気配なし(汗)
しばらくして潮速はそのままだったが同船者が45cmを釣るもそれっきり(滝汗)
2時間程度頑張りましたがバイトすらないので移動する事に。次のポイントは95mのフラットなボトム。ここも潮は動いていないが開始早々バイトが多発!しかし、なかなか乗せれない。
しばらく続けているとタイミングみたいな物を掴みフックアップに成功!しかし引きがイマイチ・・・上がって来たのは連子鯛w 潮待ちの間、連子鯛と戯れる事にw
1時間半ぐらい飽きない程度に釣れたが、昨日の釣果とのギャップに困惑気味・・・あくまでも真鯛を、しかも大鯛クラスを狙っての釣行なんでw
 
12時前、船長が再び朝一のポイントへ戻ろうと決め我々も期待するも弱気になっているのか少し口数は少なくなっていた。 10分ほどで到着。再びパラシュートアンカーをセットし釣り始めて間もなく左トモにいた信川氏にヒット!ロッドの曲がりもそこそこで気持良さそう!と見ていた私にもヒット!
そして船上は一気に真鯛入れ食い祭りに突入!!!ダブル、トリプル当たり前で船長は大忙しww
あまりの船長の忙しさに50センチクラスをリーダーを持って引き上げる物もwww
そうこうしていると隣で釣っていた橋本氏にヒット!私と喋りながらで私もその瞬間を見ていましたがリーリング後、ルアーをフォールさせ3秒後ぐらいにロッドのティップが激しく叩きだし間髪いれずに大きくあわせてました。その瞬間明らかに大鯛と判るラインの出方をし今まで笑いながら釣っていた橋本氏も真剣になりファイトを楽しんでいました。7、8分した頃、海面に姿を現したのは70センチの雄でなかなか貫禄のある顔つきでしたw
この一流し(70分)でなんと23匹!驚異的な釣れ方でした!私も今までに、かなりの日数を真鯛釣りに費やしてきましたがこんなにサイズがまとまって狂ったように釣れたのは初めてですwww
 
この後流しなおしをして終了になりましたが今日は65cmを筆頭に昨日を上回る9匹で船全体では43匹!昼までのほとんど釣れなかった事を考えると恐ろしい結果でした。
 
 
今回、私を含む同行した4名は皆、二日間通して夢のような時間を過ごすことができました。これも日ごろの「修行」の成果かなぁ?今週末からいつものようにホームで「修行」です(涙)少しの間、リハビリが要りそうな4人でした(爆)
08060907.jpg
08060908.jpg
08060909.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 鯛ラバで釣った魚のおすすめレシピ

  2. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

  3. 鯛ラバカップ in 瀬戸内・第4回淡路島大会に参加しました

  4. [家族で楽しめる船釣り!]手軽で快適な淡路島観光ホテルのチャーターボート

  5. やっぱスルメデスの釣りはおもしろい!

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP