鯛ラバ専門情報サイト

アクアパッツア

こんばんは、大塚です。
 
先週、先々週と二週連続アコウ(キジハタ)を釣り上げ、お刺身、鍋とオーソドックスに調理し食べたのですが、さすが高級魚の代表的な魚、何度食べてもやっぱり美味しい魚ですね!
今回は、沢山とは行きませんが数がそこそこ釣れたので他の料理に使ってみようと思いイタリア料理の“アクアパッツァ”に挑戦!
 
一応、材料の分量を書いておきます。 元々イタリアの家庭料理なのでアバウトに書いておくので好みで分量を調節してください。
 
アコウ(キジハタ)、ガシラ(カサゴ)、ホウボウ、真鯛など鯛ラバで釣れる魚のほとんどがOKです!
 
その他、アサリ15〜20個、にんにく1片、プチトマト10個、ドライトマト5〜8枚、ケッパー大さじ1、アンチョビ(フィレ)2枚、ブラックオリーブ(種無し)6〜8個、オリーブオイル大さじ5、エキストラバージンオリーブオイル大さじ1〜2、水1カップ、白ワイン1カップ、塩、こしょう、バジルかイタリアンパセリです。
1、魚のうろこ、エラ、内臓を取り除き両面に切れ目を入れ、塩コショウを全体にふる。(お腹の中も) ドライトマトは熱湯で5分程度もどす。
08111201.jpg
2、鍋を火にかけオリーブオイルとニンニクを入れ香りが出たらニンニクを鍋から出し取っておく。
08111202.jpg
3、2に魚を入れる。中火以上で皮がパリッとなるように両面焼く。(必要に応じてオイルを足し、魚は中まで火が通らなくても良い)
08111203.jpg
4、両面焼けたら、白ワイン、水を入れ、先程取り出したニンニク、アサリ、プチトマト、ドライトマト、ケッパー、アンチョビ、ブラックオリーブを入れアクを取りながら弱火で煮る。
08111204.jpg
5、プチトマトがしんなりしたら、塩コショウで味を調えしばらく煮た後、火を止めエキストラバージンオイルをかけ出来上がり。
08111205.jpg
6、お皿に盛りつけバシルやイタリアンパセリを添えて完成!
 
08111206.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP