鯛ラバ専門情報サイト

明石鯛カブラレポート

こんばんは、松本です。
今日は明石に行ってきました。
先月末の玄界灘から久しぶりの鯛ラバです。
朝6時に垂水漁港到着。
本日も利弥丸さんへ乗船。
今日は少し太刀魚を狙って、その後は鯛ラバ1本勝負に。
まずは鯛ラバの潮まで少しの時間、太刀魚ジギングを楽しみその後、潮のタイミングを見計らって鯛ラバにチェンジ。
40メートルラインを流し始める。
潮はクリア。
私はビンビン玉60gの赤ネクタイをチョイス。
間もなく同船者に良型がヒット。
いい感じでドラグが出され、無事にランディングしたのは3kgのロクマル。
08112201.jpg
現在キロ/5,000円の明石鯛です。
ヒットルアーはビンビン玉60gでネクタイをゴールドに変えたもの。
ゴールドと言えば、大塚氏の今年のヒットカラー。
ローライトの時に威力を発揮するカラーが、こんないい天気でも活躍。
ローライト=光の届きにくいディープという結果でしょうか?
私の方は、普段より少々スローにリーリングした10回転目でフォールさせた瞬間にヒット。
08112202.jpg
食べごろサイズ!
サイズは小さいが、素直に嬉しい一枚でした。
その後、2流しほどなかなか食い込みそうにない真鯛のアタリが連発するも、同船者が食べごろサイズを2枚追加して沈黙に・・・
そのまま終了し、本日は計4枚。
08112203.jpg
一昨年の明石は夏以降、極端に釣果が悪くなり釣れても手のひらサイズが多かっただけに、少し期待?ができそうな晩秋の明石でした。
12月中順くらいまでは狙って釣れるのではと大窪船長。
これから水温が下がり、釣果も厳しくなると思いますが、釣れると一年で一番美味と言っても過言ではないシーズン。
明石に限らずとっても貴重な「もみじ鯛」。
みなさんもぜひ食わせてみてください。

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP