鯛ラバ専門情報サイト

佐賀・呼子へ<番外編>

こんばんは、松本です。
みなさんゴールデンウィークはいかがでしたか?
潮周りはあまり良くなかったのですが、私はとてもいい釣果に恵まれました。
5月1日の夜に大阪を出発し、まず向かったのは佐賀の呼子。
ゴールデンウィーク+高速料金1,000円が引き起こす渋滞は半端ではないですね・・・
サービスエリアは夜中も大混雑でした。
呼子に到着したのは2日の朝5時。結局約10時間かかりました。
今回も4月にお伺いした大充丸(だいじゅうまる)さんに乗船させていただきました。
ジギングオンリーでの出船となりましたが、とても良い釣果に恵まれましたので、番外編?としてこのサイトでレポートをさせていただきます。
呼子に到着後、準備し6時に出船し、準備に追われているとあっと言う間にポイントに到着。
09050700.jpg
この日のヒラマサは超!高活性!!で一発目からヒット。
09050701.jpg
このファーストヒットをきっかけに怒涛のラッシュに突入。
最初は4-5キロクラスが多かったものの、ポイントを移動すると8キロクラスが連続ヒット。
09050703.jpg
私はこのポイントで8キロクラスを5連続ヒットに持ち込むことができました。
09050704.jpg
09050702.jpg
結局この日は午後から風が強まり、早めの帰港。
4人で26本と、好釣果に恵まれました。
09050705.jpg
今回はジギングオンリーでの挑戦でしたが、もちろん鯛ラバも可能です。
同じポイントで鯛ラバを落とせば、ヒットしたと思います。
明石のようにジギングと鯛ラバを平行してできるので、欲張りな方には持ってこい!ですね(笑)
帰港後、私は4日に福岡の飛燕さくら丸さんで鯛ラバをする予定だったので、釣った魚をクール宅急便で送るため呼子から車15分くらいのところにあるクロネコヤマトの営業所へ向かいました。
クール宅急便で魚を送る場合は、内蔵とエラを除去してビニール袋に入れ、営業所でダンボールを購入して、その中に入れて送るのがポイントです。
この方法なら、翌日刺身で食べても問題ありませんよ。
魚を送って帰阪する3人のメンバーと食事をし、私は呼子のホテルでゆっくり休養させていただきました。
明日はオフで、観光でもしながら福岡へ移動します。

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP