鯛ラバ専門情報サイト

ビンビン玉フッククイック交換システム

こんばんは、松本です。
ビンビン玉45gと60gですが、クイックスプリングのおかげでネクタイやスカートの交換がスピーディーに、かつ見た目も綺麗にできます。
フックの交換の際もクイックスプリングで簡単にできるのですが、さらに簡単にできる方法をご紹介します。
まずは、そのシステムを使用したビンビン玉45g。
09051401.jpg
見た目は「どこが違うの?」という印象だと思います。
では、ちょっと種明かし。
09051402.jpg
丸で囲んだ部分をよーくご覧ください。
ちょっとまだ分かりにくいですかね?
では、クイックスプリングを外して、スカートとネクタイを取ってみましょう。
09051403.jpg
09051404.jpg
これでお分かりですね。
クイックスプリングに金属パーツをつけて、それにフックを装着しています。
では、このクイックスプリングの装着方法をご説明します。
まずビンビン玉のクイックスプリングにネクタイを装着します。
09051406.jpg
次に材料を用意。
DECOYから発売されている「GP Ring」の3番サイズを用意します。
09051405.jpg
それをスカートの上にくるようにして、図のように装着します。
09051407.jpg
そしてネクタイを装着しビンビン玉にクイックスプリングを装着します。
09051409.jpg
次に「GP Ring」にフックを装着するのですが、フックは8の字に結ぶ位置を通常よりフック側にします。
09051408.jpg
アシストラインを「GP Ring」に通します。
09051410.jpg
この時、結びコブは通さないようにしてください。
通すと、アシストラインを引っ張る際に「GP Ring」に引っかかり余計な力を入れないと抜けないため、フックが手に刺さるなど怪我の原因になります。
「GP Ring」から出た輪っかにフックを2本通します。
09051411.jpg
そしてそのままフックを手前へ引き、アシストラインを「GP Ring」に締め付けます。
09051412.jpg
完成です。
09051413.jpg
フックを交換する際は「GP Ring 」に締め付けたアシストラインを緩めてフックを外すか、面倒ならハサミでアシストラインを切断し、新しいフックを通して装着すればOK!
これで、今までフックを交換する度にクイックスプリングを引き抜いていた作業がなくなり、よりスピーディーかつ手軽にフック交換ができます♪
「GP Ring」や「アシストライン」「フック」は以下のサイトでお求めいただけます。
鯛ラバ・鯛ラバ専門オンラインショップ

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP