鯛ラバ専門情報サイト

鳴門鯛カブラレポート

こんばんは、大塚です。
5月16日、今回は鳴門に行ってきました。
午前6時に港を出船。一つ目のポイントは水深60mの漁礁エリア。 空は曇っているのでまずはビンビン玉60gのゴールドネクタイからスタート。
潮速も良く何度か流したのですがバイトなく気配がないのでポイント移動。
次のポイントは所々に岩がある水深70mの砂底。先ほどのポイントも潮色はクリアーだったがここは更にクリアーだったのでネクタイをレッドにチェンジ。 二流し目に「カッカッカッ!」とバイト。ティップがグッと入ったところで大きくフッキング。ファイトは上品で心地よい! しばらくし上がってきたのは50cmのナイスサイズ。 フックは深く刺さって活性は悪くなさそう。
しばらくして後ろで釣っていた正部さんにヒット! ロッドはキレイに曲がり時折ティップが「クンクン」とお辞儀をし楽しそう! しばらくし上がってきたのは45cmの真鯛。丁度食べごろで美味しそうでした。
ここからしばらく沈黙の時間帯に入り船中、暗いムードだったのですが増田さんにヒット!ビンビン玉60gのゴールドネクタイ。 サイズは30cmと小さめですがバイトの少ない中の一匹にニンマリ!
ここからパラパラですが釣れ出し私も50cmとチャリコをゲット! 最後は義兄さんがロクマルを釣り上げ終了!
鳴門をはじめ関西圏ではプリやアフターなど産卵に絡んだ真鯛が混成し日ムラがあり少し釣りづらいのですが来月に入りイワシなどのベイトが入れば一気に活性が上がり釣りやすくなるでしょう。
そろそろ鯛釣り本番! 初めての方やビギナーの方はイワシの動向をチェック!イージーに大鯛の釣れるチャンスなんで一度行かれてみては…!
09052101.jpg
09052102.jpg
09052103.jpg
09052104.jpg

実釣レポートの最近記事

  1. 夏の午後はからのんびり明石で鯛ラバ|明石鯛ラバレポート

  2. 大雨後のタイラバ

  3. 久しぶりの釣行

  4. 日本海ディープタイラバには夢がある

  5. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP