鯛ラバ専門情報サイト

鯛カブラQ&A

Y様よりご質問いただきました。
<ご質問内容>
鯛ラバとベイトについて質問です。
北陸で今年より鯛ラバを始めました。そこでご質問です。
N半島の周りでは鯛ラバでも鯛が釣れるのですが、T湾では釣ったことがありません。
もちろんポイントが違うと釣れないとは思いますが、T湾は鯛ラバでは鯛は釣れんと言う話を良く耳にします。
もちろん鯛が居ないわけではなく、オキアミの完全フカセなどでは結構上がっています。
理由を聞いてみると、T湾は底が泥底で、ゴカイとか居ないからカブラには釣れないのではと言っています。
T県でもある程度釣果を求めたいのですが、何か良いアドバイスがありましたら教えていただけませんか?
よろしくお願いします。
<ご回答>
T湾では鯛ラバで真鯛が釣れないということですが、私は釣れると思います。
T湾ではオキアミを使った完全ふかせ釣りが主流のようなので、真鯛も自然とオキアミに反応するようになってしまっているのでしょう。
言葉は悪いかもしれませんが、自然界で餌付けされているようなものだと思います。
ただ、オキアミしか食わないのか?というわけではないと思います。
たまたま摂取しやすい餌がオキアミであって、自然界にはさまざまな餌となるものがあるわけですから、それも捕食していると思います。
また、底が泥底だからゴカイが生息せず鯛ラバには反応しないということですが、それは間違いだと思います。
ちなみにT湾では某大学の教授に確認しましたところ、場所によりますがゴカイがほとんど見られなくなってしまっているようです。
鯛ラバはゴカイのような形をしていますが、主にゴカイを捕食していない海域でも真鯛が反応します。
鯛ラバで釣り上げた真鯛が口から小魚やヒトデを吐くことも多々あり、鯛ラバ=ゴカイというのはあくまでも人間が判断したイメージではないでしょうか。
私の経験上、餌の種類(カラー)に限らず真鯛は全く異なる容姿やカラーの鯛ラバに反応します。
もちろん、カラーを似せることで釣果アップは期待できますが、容姿を餌に合わせることはできません。
ですが、今まで普通に釣れましたので、オキアミが普段捕食している餌だからと言って(ゴカイがいないからと言って)鯛ラバに反応しないとは到底思えません。
さて、ふかせ釣りが主流のポイントで鯛ラバを使った釣りへのアドバイスですが、実際に試した訳ではございませんので、あくまでも「私ならこうするかな」ということをお伝えします。
まずは、狙うタナです。
かなり真鯛が浮いていると思いますので、その層をいかに効率よく鯛ラバを通すかが一番大切でしょう。
ネクタイのカラーもオレンジやピンク、赤のローテーションで釣れるような気がします。
ただし、オキアミについている以上、釣果はふかせ釣りに比べあがらないかもしれません。
ですが、オキアミで釣れるサイズよりもアベレージは大きくなると思います。
真鯛釣りはサビキ、ふかせ釣り、テンヤと様々な種類の餌釣りがありますが、鯛ラバは大物がヒットする確率が非常に高い釣りです。
もしふかせ釣りのポイントで釣果が思うように上がらない場合は、こませが効いていないポイントに移動するのもひとつの手かもしれません。
いずれにせよ、真鯛がいれば鯛ラバには反応するはずです。
当サイトユーザー様の中に、W湾でいつも大型の真鯛を釣ってこられ、サビキ釣りが常識と思い込んでいた漁師さんが目を丸くし「どうやっていつも大きいのを釣ってくるの?」と聞かれたそうです。
また、私がよく訪れる九州でも秋は餌(テンヤ)しか釣れないと思い込んでしまっていましたが、昨年の秋に飛燕さくら丸の久保田船長が鯛ラバで釣れるパターンを見つけています。
また、岡山の松本釣り船2の松本船長はイカ墨パターンを見つけ、鯛ラバの新しい可能性を見出しています。
鯛ラバのカラーや狙い方次第で釣れる方法が必ずあると思いますので、1つのことにとらわれず突破口を見出して頑張ってみてください。
今回は私も分からないことでしたのであいまいなご回答になってしまい、申し訳ございませんでした。
さて、まだまだ鯛ラバに関するご質問を承ります。
日頃疑問に思うことやマニアックなことまで、鯛ラバに関することなら可能な限りお答えいたします。
ご質問は2010年1月15日まで受け付けます。
ご質問はこちらから。
※フォームの[お問い合わせ内容、ご意見、ご感想などをお書きください※]にある「ご用件をお選びください」のプルダウンメニューは「その他のお問い合わせ」を選択してください。
なお、ご質問に関する答えは鯛ラバ内のブログでお答えします。
※氏名、ご住所等の個人情報に関しましては掲載いたしませんのでご安心ください。
※ポイントや船の流し方など遊漁船にご迷惑がかかる恐れのあるご質問にはお応えしかねます。
※いただいたご質問すべてにお答えできかねる場合もございます。

実釣レポートの最近記事

  1. 日本海ディープタイラバには夢がある

  2. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

  3. タイラバ 初心者講習会

  4. [新型ビンビン玉が大活躍!!]玄界灘鯛ラバレポート

  5. [大ピンチ!!]ロッドとリールを忘れて釣りに来てしまった(汗)

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP