鯛ラバ専門情報サイト

鯛カブラのカラーセレクト

ほんと色々なカラーが出揃いましたね〜。でも、みんな使用しているのはオレンジが圧倒的に多いです。オレンジしか使っていないからオレンジばかりを選んでしまう・・・そこで、私なりのカラーセレクトを解説いたします。
まずは潮の濁りによりまずが、大抵はオレンジや赤からスタートするのが良いでしょう。私はオリジナルカラー(ピンクラバーに赤ネクタイ)でスタートします。
それでアタリが少なく、潮が濁っていればチャート(黄色)を使用。逆に澄んでいればグリーンやブルーを使用します。
テストしてて分かったのですが、チャートはやたらとガシラに効きます!逆にグリーンはひったくるようなバイトが多いです。
今、試しているのは、茶色、ピンクです。これはオレンジや赤に近い系統なのでもしかするとあまり差は出ないかもしれないですね。
ヘッドのカラーはネクタイと同系色になるようにしています。ただ、明石などでは底に磯が多いため、数時間でヘッドの塗装は見事に剥がれます。剥がれたら釣果は落ちるの?もう使えないの?と思われるかもしれませんが、私は気にせずそのまま使用しています。釣果はズバリ、そんなに落ちないですね。

実釣レポートの最近記事

  1. 夏の午後はからのんびり明石で鯛ラバ|明石鯛ラバレポート

  2. 大雨後のタイラバ

  3. 久しぶりの釣行

  4. 日本海ディープタイラバには夢がある

  5. [魚を捌いて持ち帰られる釣船]北九州鯛ラバレポート

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP