鯛ラバ専門情報サイト

松山沖 第3回 タイラバ大会に参加してきました

2019年7月28日 (日)に愛媛県松山市で開催された「松山沖 第3回 タイラバ大会」に参加してきました。

大会の詳細はこちら

大阪から松山まで車で約350km、5時間程度でしょうか。明石大橋を渡り、淡路島を抜けて鳴門大橋を渡り徳島に入り愛媛まで高速道路が繋がっています。

淡路島を抜けて徳島に入った時ですが、カーナビ通りに行くと神戸淡路鳴門道から徳島道に入り、松山道へ行くルートになると思うのですが、ナビによっては高松道から松山道に案内したりするようです。

ずばりこのルートがおすすめです。

神戸淡路鳴門道から徳島道に入り、高松道に入って板野ICで一般道へ。徳島道の藍住ICから徳島道に入り松山道へ。

ちょっとしたことですが、距離も時間も短縮されますよ!

徳島道に入り、高松道から松山道ルート

222km(土日ETC利用時片道:3,450円)

徳島道に入り、高松道に入って板野ICで一般道〜徳島道の藍住ICから徳島道に入り松山道ルート

206km(土日ETC利用時片道:3,460円)

そして!!!!!!!

今回の大会で利用できたのに知らなかったこと。

これを利用したら往復5,000円で乗り放題でした。

この乗り放題、12月1日まで使えるようなので、四国に行かれる方は利用しましょう!

四国乗り放題プラン詳細はこちら

さてさて。

大阪から松山まで車で約350km、5時間程度。

行きは阿波池田で一泊しました。

以前も利用させていただいた古民家を改築した宿「へそキャンプ」。

へそキャンプの詳細はこちら

一泊して近くにある黒沢湿原に。

黒沢湿原の詳細はこちら

自然豊かなよいところでした。

阿波池田に戻り、幼い頃よく連れていってもらったレストランウエノへ。

大きなダムを見下ろしながらいただく焼肉定食は今も変わらぬボリュームとおいしさです。

松山入りし、翌日の大会に備えます。

松山に来たらじゃこ天くらいは食べておかないとですね笑

翌朝。

松山沖 第3回 タイラバ大会が始まりました。

100名を超えるたくさんの参加者を乗せて競技スタートです。

私はご縁をいただいたしおさい丸さんに乗船しました。

 

攻めたエリアは50-80mあたりが中心。

なかなか難しくてみなさん苦戦気味。

リリースサイズ含め10枚届かずという感じでしょうか。

2枚のリミットもままならず。

閉会式。

これだけ出てたらどこかで誰かが良いサイズを釣ってくるでしょう。

やはりそうでした。

2枚で3kgを超えていないと表彰圏外。

上位はナナマルともう1枚、4kg台のウエイトでした。

暑い中、怪我人などなく無事に大会が終了しました。

これだけの人数、船をまとめるのはとても大変だと思います。

参加させていただいて楽しませていただいている裏側には、関係者様の苦労が垣間見えました。

どうもありがとうございました。

イベントの最近記事

  1. 鯛ラバカップ in 瀬戸内・第4回淡路島大会【2019年9月8日(日)】

  2. 松山沖 第3回 タイラバ大会に参加してきました

  3. タイラバ大会 in 明石

  4. 鯛ラバカップ in 瀬戸内・第9回香川大会に参加してきました!

  5. 第3回松山沖タイラバ大会が2019年7月28日(日)に開催されます!

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP