鯛ラバ専門情報サイト

タイラバのフックの結び目

タイラバのフックですが、自作されている方も多いかと思います。
その時の状況で変えたり、フィールドによってはご当地セッティングみたいなものもあります。
タイラバという釣りは、女性や子供でも手軽に楽しめオフショアのルアーフィッシングのハードルを下げた釣りではないでしょうか。
パーツのセッティングも手軽に自作でき、ルアーのカスタマイズが簡単なのも魅力ですよね。
みなさんのタックルボックスを眺めていると、みんなあれこれ考えているんだなと感じます。
さて、そんなパーツの1つであるフックなのですが、シーハンターなどを使って針を結んでいるかと思います。
私はその結び目に緩み防止のため「瞬間接着剤」を使っています。
これには少しコツがあって、本線(結び目から上)につけないようにした方がいいと思います。
本線に接着剤が染み込むと、そこから切れやすくなるからです。
よって、結び目に「ほんの少しの量」を染み込ませたいのですが、これが従来から市販されている瞬間接着剤では量の調整が難しいのです。
つまようじの先につけて染み込ませたりとみなさん色々考えておられるようですが、100円ショップのダイソーには、こんな便利な瞬間接着剤があります。
2016091501.jpg
ペン型で細かい部分に少しの量を染み込ませやすく、しかも1本100円(税別)とお買い得。
これを結び目の後ろ側、この方向から少し染み込ませます。
2016091502.jpg
結び目全体に染み込ませる必要はないかと思います。

鯛ラバのテクニックの最近記事

  1. リールのドラグ値を「正しく」設定する方法

  2. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

  3. 釣れている人に学ぶ、鯛ラバの基礎

  4. 2019最新鯛ラバテクニック!鯛ラバで竿頭になるためのメソッド特集

  5. ディープドテラって船からどれくらい離れたところに鯛ラバがあるのか?

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP