鯛ラバ専門情報サイト

明石鯛カブラレポート

こんばんは、江口です。
今回は28日に明石の利弥丸さんでの釣行をレポートさせていただきます。
当日は曇りでそんなにきつくはないものの風もあり、気温も低く、かなり寒く感じる日でした。
最初のポイントは定番の平磯から須磨にかけての水深20〜30mほどのポイントです。
いつもの如く、ビンビン玉45gで色は松本レッドで釣り開始です。
キャスティングをしながら何度か流しますが、アタリがありません。
色もいろいろ試してみますが同じく反応なし。
しばらく流したところで、同船の方が30cm程の鯛を揚げられました。
バーチカルに近い形でフォール中に食ってきた模様です。
その後、ポイントを変えながら何回も流しますが良い結果がでないので、太刀魚釣りに向かいました。
太刀魚が思ったよりよく釣れ、皆さんクーラーにかなりの太刀魚が入ったということで11時に淡路沖に移動です。
前回と同じように岩屋沖から流します。
ビンビン玉60gで色は前回に良かった、オレンジネクタイで釣り開始。
数回流しますが、前回と比べ、アタリは減った模様。
でも、数流し後にアタリが。で、無事フックアップです。
ただ、簡単に揚がってきます。30cm程の鯛でした。
サイズアップを狙って、集中します。
が、やはり明らかに前回と比べアタリは減っています。
前回より1週間と経っていないのに、状況が変わるとは海はわかりませんね。
特に明石は状況の変化が激しいように思われます。
潮が速いことになにか影響があるんでしょうか?
でも、何回か流すごとにポツリ、ポツリと誰かが揚げられます。
その後何度か流した後、時間もなくなり、納竿となりました。
サイズは30cmクラス止まりとあまり良くありませんが枚数は全部で8枚程とまずまずの釣果です。
竿頭の方でひとりで3枚という方もおられました。
ただ、60cmを超える大型がここ最近釣れていません。
去年は結構揚がっていたように思うんですが・・・・
やはり、なんか原因があるんでしょう。釣れる海に戻ってほしいものです。
これから本格的な秋の訪れと共に、荒食いの季節になってきます。
台風がきたり、季節風の影響があったりと荒れる日も多くなってきますが、枚数を揚げるチャンスです。
時間の許す限り、がんばって通い良い釣果報告が出来る様がんばります。

実釣レポートの最近記事

  1. 鯛ラバで釣った魚のおすすめレシピ

  2. 明石ではみんなどんなセッティングで鯛ラバをしているのか?

  3. 鯛ラバカップ in 瀬戸内・第4回淡路島大会に参加しました

  4. [家族で楽しめる船釣り!]手軽で快適な淡路島観光ホテルのチャーターボート

  5. やっぱスルメデスの釣りはおもしろい!

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP