鯛ラバ専門情報サイト

初めて乗船する船に乗る日は、時間に余裕を持って出発しよう!

近畿地方もやっと梅雨入り宣言。

久しぶりに明石で釣りをすることにしました。

この時期は、雨が降って濁ってかき混ぜられてを繰り返し、海の中が夏へと進んでいきます。

釣りのアドバイスとしては、

1)濁り対策のカラー
オレンジやチャートなど派手な蛍光色を使う。

2)ローライト対策のカラー
ゴールドなどラメが入ったものを使う。

3)二枚潮対策のウエイト
上潮だけがやけに速くなり底取りが難しくなります。普段使うタイラバよりも重いウエイトを用意しておきましょう!

4)雨具やタオル、着替えは忘れずに
明石方面の船は屋根がついていることが多いですが、風が強くなったり移動中は横風を受けて濡れやすいです。濡れて風を浴びると寒く感じます。雨具とタオルは忘れずに。また、雨具を着ると蒸れて汗をかきます。着替えはあった方がよいです。

さて、今回は神戸の須磨から出船している「大雄丸(だいゆうまる)」に初乗船です。

大雄丸(だいゆうまる)

午後便を予約したので13時に集合です。

僕は、大阪方面から向かうため阪神高速を使うのですが、週末は特に神戸線の渋滞が酷くなる傾向です。また事故渋滞も発生しやすいので、出発前から高速道路の渋滞情報を見ながら出発時間を決めます

当日はG20の影響で高速道路に通行止め区間が発生していたので、週末だしえらく混雑しそうだなと思っていたのですが、普段よりも渋滞なく迂回ルートでしたがスムーズに目的地に到着できました。

しかしここで事件発生。

ホームページを見ながら待ち合わせ場所へ向かうとスーパーの駐車場に。

あれ?事前に地図を見た時はこの辺だったはず?

と慌ててホームページを見直すと、対岸だったことに気づく。

時間に余裕を持って出発していたので、集合時間に間に合いましたが、ギリギリだと他のお客様に迷惑をかけていたかもしれません。

また集合時間付近は船の発着の準備や、お客様への誘導などで船長の携帯電話も繋がりにくい状態が多い。

改めて、初めて乗る船は待ち合わせ場所やコンビニを探すためにも、時間に余裕を持って出発するべきだなと思いました。

駐車場に車を止めると船長が軽トラでお越しになられました。

船着場まで少し距離があるので、荷物を運んでくれるそうです。

港までロッドだけを持って移動。

先日の雨で上潮が速く、風もそこそこ吹いていたので底取りが難しい。

夕方になり一気に風が強まって早上がりに。

なかなか難しい状況でしたが、アベレージ40センチが船中10枚くらいでした。

底べったりな感じですね。

シルエットが小さいものが有効的でした。

他のお客様の釣りを見ていると、この船はこの船でこんなことしている人がいるんだと勉強になります。

これも乗合の楽しみのひとつですね。

梅雨が明ければイワシが入ってくるのかな。

楽しみな夏はもうすぐそこです。

初心者向けの情報の最近記事

  1. 初めて乗船する船に乗る日は、時間に余裕を持って出発しよう!

  2. 2019年度版【鯛ラバ初心者必見!】鯛ラバタックルセレクト(ロッド・リール・ライン・鯛ラバ…

  3. 2019年度版【鯛ラバ初心者必見!】鯛ラバのリールはどれがおすすめ?

  4. 釣り船に乗る船釣り初心者必見!初心者が釣り船で船釣りするための準備やマナーを教えます!

  5. 2019最新鯛ラバテクニック!鯛ラバで竿頭になるためのメソッド特集

遊漁船の掲載依頼

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP