鳴門で鯛カブラ!

こんばんは、大塚です(はじめましてですね!)。私は、この鯛ラバ管理人さんの松本氏と友人で、明石・鳴門・和歌山をホームグランドにして鯛ラバにどっぷりはまってお…

鯛カブラシークレットカラー「松本レッド」

写真のネクタイやラバースカートのカラーですが、ありそうでない組み合わせです。このカラーは、昨年鯛ラバをはじめた当初、あまりにも鯛ラバの商品が少なく、オレンジ…

鯛カブラ用のスペアフックを作ろう〜その2

さて、昨日の続きです。せき糸を使ったスペアフックの利点は、外掛け結びができない(軸の細い)フックを使用できる点と、結びこぶからの距離調整が容易である2点です…

鯛カブラ用のスペアフックを作ろう〜その1

鯛ラバのスペアフックは、フック交換が簡単にできるシステムを持つアンサーや炎月、ソルティラバーなどが専用のスペアフックを販売しています。船に乗っていると、スペ…

鯛カブラ・アンサー

今日は、アンサーについてお話します。シャウト!フィッシャーマンズツールから発売されているアンサーは、鉛製鯛ラバの人気商品です。このアンサーですが、実は今年の…

明石の遊漁船「利弥丸」さんのご紹介

みなさん、週末は鯛釣りでしょうか?イマイチすっきりしない天気ですが、各地鯛の釣果はいいみたいですよ!先日ご紹介したキャスティング鯛ラバも試してくださいね!さて…

潮の濁りの影響

写真は、先日の明石のものです。雨で大阪の淀川から流れてきたアカのような浮遊物で水が濁っています。濁りもさることながら、鯛は真水をとても嫌います。ちょうど今のよ…

4本撚りか?8本撚りか?悩むところです。

そろそろ各地で大型真鯛のキャッチ情報が聞こえだしました。「大きすぎる鯛は美味しくない」なんて声もありますが、やっぱり釣り人なら大きな魚をいっぱい釣るのが夢の…

キャスティング鯛カブラ

とうとう・・・公開しました!実は、昨年末にジャッカルの加藤プロと偶然ご一緒させていただいた時に、こっそりと教えていただいたテクニックなんです。詳しくはこちら。…

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP